2011年2月4日金曜日

JAPAN Security Training Group Intelligence Report

Cyber Security

携帯電話からデータを記録する、新しいIU破壊工作ソフト

インディアナ大学調査者は、Soundminer(会話、キーパッド音、クレジットカード番号と銀行アカウント情報を記録することができて、盗むことができる多機能電話トロイの木馬ウイルス)を開発しました。研究者は、アンドロイドベースの多機能電話の保護を改善することを目的として、ウイルスを開発しました。「我々は、安全なシステムを構築することに従事しています」と、インディアナ教授 カパディア氏は言います。「我々はより安全な生活を望んでいます、しかし、その最先端の技術の一部は犯罪者やテロリストに利用されようともしています。」研究者は、多機能電話使用における傾向を追って、一般に既知の脅威を研究することによって、Soundminerを開発しました。「あなたが若干のセキュリティ欠陥がアンドロイドにあり、それらが固定されることができることを示すことができるならば、それは実は多数の人々のためになります」と、ローマの研究者 シュレーゲルを訪ねている香港の市立大学は言います。多機能電話がまるで小型コンピュータのようであるので、マルウェアからの保護を中心として新種のウイルスや新たな防衛戦略意識が残っている、インディアナのスコット・N・ウィルソン氏は言います。