2011年2月5日土曜日

JAPAN Security Training Group Egypt Report

エジプトの抗議はエスカレートし続けている、最近は外国人ジャーナリストが攻撃されている。一部のジャーナリストはホスニ・ムバラク大統領の支持者によって暴行されている。エジプト政府はリポーターへの攻撃への関与を否定している。各局が放送を停止しなかった場合の脅威がホテルに対して行われた後、ラムセスヒルトン、インターコンチネンタルホテルを含むいくつかのホテルはジャーナリストのカメラが没収されました。ワシントンポスト紙のカイロ支局長レイラフェードとカメラマンリンダデビッドソンがエジプト内務省によって逮捕され、アメリカは、国際的なジャーナリストに対する暴力行為または脅迫を非難し、フランス、英国、イタリアとスペインは、不満を申し出ました。
 銃撃を受け、意識不明となっていたエジプト人ジャーナリストが死亡。一連のデモ開始以降、ジャーナリストの死者が出たのは初めてです。


政府 - エジプト邦人旅行客「1日中に退去」(日本経済新聞)