2013年1月24日木曜日

アルジェリア人質事件とテロ対策


アルジェリアで犠牲になられた方々の御冥福を御祈りすると共に、残りの方の安否確認が速やかに行われ無事でありますことを心から願っております。

この度は、日本人にとってとても残念で悔しい事件が起きてしまいました。

しかし、これは起こるべきして起きてしまったのではないでしょうか。

これまでの日本人の危機管理に対する意識の低さと、やるべきことをしてこなかったことが、明確に伺えます。

大切な事は、同じ過ちをおかしてはならないということです。

ただ今回の事件の対応で終わるのではなく、根本的な問題を割り出し明確にし、改善することが大切です。
その為には、固定概念にとらわれず、あらゆる分析が求められます。

一つの事件としてではなく、日本人の危機としてあらゆる観点から分析し、日本人としての分析と問題決が求められます。

そうでなければ次の日本人犠牲者がでることになるからです。

そしてテロリスト(イスラム過激派)は、現在の地球上で屈指の戦士です。

その理由は、彼等には己の命や身体などよりも大切な絶対的な正義があるからです。

この彼等の正義を超越した正義を持った者でなければ勝つことは難しいでしょう。

テロとの戦いとは、とても厳しく覚悟の必要な事なのです。

それは現在世界中で行われている状況から見てとれます。

しかし大切なものを護るには戦わなくてはならない時があるのです。

先人が当たり前に行っていたことを現代日本人は忘れてしまっています。

日本人として大切な事はなんなのか?今一度、皆が見直す時ではないでしょうか。

NNK Special Service Group JAPAN