Risk & Crisis Management

JAPAN Security Training Groupでは、「脅威管理」をすることで、危機に陥る可能性を取り除き、もし、危機に陥ってしまった場合でも「危機管理」によって、影響を最小限に抑え込み、最短の時間にて平常時に復旧することで危機から受ける被害を最小限に抑えます。

「脅威管理」(Risk Management)の基本は、想定されるあらゆるリスクを徹底的に洗い出し、そのリスクから想定される危機を予測し分析します。そして、それぞれのリスクについて発生を抑止するための方策を検討し、影響度の大きさに従って優先順位をつけて、リスク防止策を実行します。脅威管理とは、想定されるリスクを予め抑え込み、予防することです。

現実的に自然災害など、脅威管理が困難で防ぎえないものも存在します。
「危機管理」(Crisis Management)は、危機が発生した場合に、何をすればその影響を最小化できるか(減災など)、危機からの早期回復のためには何をすればよいかという危機発生後に、最善の対応策を講じ、被害を最小限に抑え、早期に危機的環境から脱出、復旧することです。

「脅威管理」と「危機管理」ができて「総合危機管理」が可能となります。 

危機管理の重要なことは、お客様にマッチングしていることです。
マッチングしていない危機管理は、良い効果を生むことが出来ません。

JAPAN Security Training Groupでは、日本人の大切な真心と正しき道を持って、「脅威管理」と「危機管理」を駆使し、「総合危機管理」をお客様の環境やニーズに合ったかたちで御提供させていただきます。

■危機管理関連サービス
(脅威/Risk)
・脅威情報の収集
・脅威割出
・脅威分析、評価
・脅威対策、回避
・脅威管理サービス

(危機/Crisis)
・危機分析、評価
・危機管理プランニング
・危機管理アドバイス
・危機対応
・危機管理サービス

■訓練・講習
・危機管理セミナー
・防犯講習会
・日本式警護術訓練
・日本式警護格闘術訓練



施設不正侵入事案に対する対策セミナー

JAPAN Security Training Groupでは、日本古来の精神性とセキュリティ戦術、戦略と世界最先端の現場で裏付けられた最新の知識と技術を融合させた日本式の危機管理により、施設不正侵入事案に対しての対策と対応についてのセミナーをおこなっております。
・防犯と防災の違い
・防犯訓練と防災訓練の内容の違い
・事前対策と事後対応
・セキュリティの三原則
・危機は突然には起きない
・脅威と危機に対する三つの能力
・予防の必要性
・対策計画の要点
・特定と非特定の脅威レベル
・ルーティンとブレイクルーティン
・環境構築と訓練の必要性
・職員の応急処置手法習得の重要性
・侵入者対策の三原則
・不正侵入者事案時の注意点
・実技

あらゆる人的脅威から自然災害まで、多角的な観点から、総合的に問題の予防から対策と対応まで、サービスの提供をしております。

  • ご相談・ご依頼はお気軽にどうぞ! こちら